市場の食⑧

一般消費者を対象とした市場は
日本全国に存在します。

実際に朝市や公設市場などがありますが、
日本3大朝市としては、
「勝浦朝市」「輪島朝市」「呼子朝市」が有名ですし、
公設市場としては那覇市の「牧志公設市場」が有名です。
私の地元の広島にも公設市場の名残がありますし、
全国にはかなりの数の朝市や公設市場があります。

IMGP6078

IMGP4109

その他、最近では「マルシェ」的なイベントが
都市部でも開催され人気になっています。
人気のマルシェもたくさんあるので、
買物やビジネスのアイデア探しや、
情報収集に訪れるのも良さそうです。

一方、海外に目を向けても市場は多くあります。

お隣の台湾は「夜市」が有名で、
観光客だけでは無く、地元民で
人が溢れかえっています。

先日、訪問したタイでも、
ウイークエンドマーケットや
ナイトマーケットが人気です。

IMAG1916

IMAG1986

韓国のソウルであれば
ファッション中心の「東大門市場」
食材や飲食が豊富な「南大門市場」
などが有名です。

屋台などは安くて美味しいですが、
東南アジアの一部などは生水を飲むのは
危険が伴うと言われていますので、
その国の情報を見ながら、
生モノの飲食は控えるなどの
注意が必要です。
火を通したもの以外では、
果物などがおススメですが、
衛生面を考えるとカットしたものではなく、
できるだけ丸ごとのものを購入し、
自分でカットして食べると
より安全だと思います。

ヨーロッパなどでは、
街中でマルシェが多く開催されています。
観光地であれば土産物や特産品を
販売していることが多いですが、
少し視野を広げて探すと、
地元の方で賑わうマルシェを
見つけることができます。

IMAG0608

ヨーロッパのマルシェは色鮮やかで、
売場づくりやディスプレイの参考に
なりますし、その地域の食文化に
触れるのは良い経験になり楽しいものです。

IMAG0611

IMAG0606

IMAG0603

IMAG0600

販売している料理などを楽しむのも
良いですが、青果物などを購入して、
公園の水道などで洗ってそのまま食べる
のもおススメです。

IMAG0614

IMAG0612

日本の果物との違いもわかりますし、
素材の味を知れば、その地域の料理に
ついても理解が深まります。

果物の甘みが少ないから加工するのも!
香りにクセがあるからハーブを使うのかも!
など、様々なことに気づかされます。

海外の市場巡りは、観光での楽しみとともに、
販売に役立つ情報収集にもなりますので、
これからも、時間があれば訪れタイと思います。

市場の食⑦

市場そのものでは無いものの、
立地を活かして市場風の事業展開を
行う場合もあります。

例えば、

「地域に卸売市場がある!」
「地域に有名な朝市がある!」
「昔、卸売市場があった!」
「特産品の生産地から近い!」
「生産者自身が飲食店を経営している!」

等の例があるでしょうか。

いずれも鮮度を活かすことで、
「競合店との差別化」や
「地域としてのブランド化」に
取り組んでいる事が多いようです。

東京の中央市場は移転問題で話題になっていますが、
その昔、水産市場は日本橋にありました。
今でも日本橋の隅には、その名残が残っています。

IMAG0385

その日本橋では、昔、日本橋に市場があったという
強みを活かし、市場風の店舗があります。

IMAG0388

実際に鮮魚も販売されており、活気もあります。
品揃えも豊富なので、家庭での買い物のほかに、
別の飲食店などが仕入れをすることも
ありそうです。

1343960716084

もちろん、食堂が併設されてます。
新鮮な魚を食べることができるので、
いつも賑わっています。

1343960700133

IMAG0387

また、佐賀県の呼子地区は朝市があることで有名です。
日本3大朝市のひとつとして、多くの人が訪れています。

IMAG1484

特にイカが有名なので、新鮮なイカ料理を提供する
店舗が多くありますし、道端ではイカを干す光景が有名です。
くるくるとイカが回りながら干されています。

IMAG1487

イカを専門に提供する飲食店であれば、
どの店も生け簀を用意しており、
新鮮で透明なイカの活き造りを
食べることができます。
朝市と地域の特産品を活かし、
うまく事業展開している好事例です。

IMAG0238

高知県高知市では、毎週日曜に
開催される「日曜市」が人気です。
高知城近くの大通りに400店以上の
お店が1km以上並び、
街路市としては日本一の長さだそうです。

IMAG2329-1

文旦など、地域の農産物のほか、
芋の天ぷらや、冷やしあめが有名です。
週末に高知市に行った際には、
行かないと後悔しそうです。

このように、
「市場」「朝市」「産直市」「生産者の手作り」などは
鮮度感が伝わり、美味しそうなイメージが伝わる
ことから、競合先や他地域との差別化に有効です。

卸売市場の食が持つ「美味しそうなイメージ」は、
アイデア次第で色々と店舗運営に活かすことができそうです。

市場の食⑥

今回は山口県下関市の唐戸市場です。

下関市は古くから交通の要衝として知られ、
九州への玄関口である関門海峡があることでも
有名な、山口県最大の人口を誇る都市です。

20170611171909

唐戸市場は下関市の中心部にある市場で、
周辺には水族館や飲食施設などがあり賑やかです。

また、宮本武蔵と佐々木小次郎で知られる
巌流島に渡る船もこの近くにある乗り場から出ています。

この唐戸市場は、業者向けの卸売市場の機能と、
一般消費者向けの小売市場の機能が共存するという、
全国でも珍しい営業形態となっています。
そのため観光客を中心とした消費者で
賑わっているのが特徴です。

20170611171837

ここでは海産物が購入できることはもちろん、
握り寿司が一貫づつ購入できたり、
海鮮汁や海産物のフライなども購入できます。

観光や仕事で下関市を訪れた際には、
朝食や夕食に訪れてみると良いでしょう。

また、唐戸市場の2階には、
食堂や回転寿司のお店もあります。

こちらもなかなかの人気店なので、
お昼の時間を外した方が利用しやすいでしょう。

下関と言えばやっぱり河豚(ふぐ)です。
あちらこちらで河豚を食べることもできるので、
季節が良ければ試してみては如何でしょうか?

ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」になります。

U-mic News5月号のお知らせ

U-mic News 5月号を発行致しました。

U-mic News 5月号はコチラ

U-mic(ユーミック)グループは、
メンバー各自が得意分野を活かし、チームとして企業に対して
複合的な支援を行っています。
U-mic News(ユーミックニュース)は、
さまざまな得意分野をもつコンサルタントが、専門知識と経験から得た
「役に立つ」情報をまとめたフリー情報紙として、少しでも、皆様方の
お役に立てたらと思っております。
毎月1回、「経営」「地域活性」「各種事例」など、多彩な内容で
お届けしてまいりますので、
今後とも宜しくお願い申し上げます。

平成29年4月29日
U-mic(ユーミック)グループは、
メンバー各自が得意分野を活かし、チームとして企業に対して
複合的な支援を行っています。
U-mic News(ユーミックニュース)は、
さまざまな得意分野をもつコンサルタントが、専門知識と経験から得た
「役に立つ」情報をまとめたフリー情報紙として、少しでも、皆様方の
お役に立てたらと思っております。
毎月1回、「経営」「地域活性」「各種事例」など、多彩な内容で
お届けしてまいりますので、
今後とも宜しくお願い申し上げます。

平成29年5月31日

市場の食⑤

今回は宮城県塩釜市にある
「しおがま・みなと復興市場」です。

仙台や石巻で仕事があった時に、
足を延ばして塩釜市を訪問した
際に訪れました。

本塩釜駅の近くにある市場は、
東日本第震災後の後に、
宮城県内初の仮設商店街として、
2011年8月にオープンしました。

IMAG1857

プレハブ店舗になりますが、
鮮魚店や雑貨店、菓子店などが10店以上、
立ち並んでいます。

IMAG1855

私は大きな「岩ガキ」を生で食べましたが、
とても美味しかったです。

プレハブなので、建物は簡素ですが、
木の着色タイルでカラフルに
装飾されていて名物になっています。
タイルには復興への想いなどが
書かれているものもありました。

IMAG1856

塩釜は港町で、寿司店も有名です。
市内を歩くと何店舗か見かけますが、
昼時はどこも行列になっています。

IMAG1851

お寿司はとても美味しいです。
港町の塩釜に来たら、ぜひ食べたいですね。

IMAG1853

復興には時間が掛かると思いますが、
地元の商店は地道に努力を続けています。

まずは塩釜の海産物を食べながら、
また、食を通じて貢献できたらと思っています。

市場の食④

東京の築地市場、島根県浜田市の市場の次は、
私の地元である広島市の中央卸売市場です。

広島市中央卸売市場は、
広島市の西側に位置する
草津地区にあります。

元々がスーパーマーケットの青果担当だった
こともあり、市場をウロウロするのは
大好きです。

IMAG2364

中央市場と言うと、
一般の方は入りにくいイメージが
ありますが、入場は可能ですし、
駐車場もあります。

IMAG2361

以前は入口にガードマンの方がいても、
特に声を掛けられることは無かったの
ですが、最近、近隣に大型商業施設が
できたからなのか、声を掛けられます。

「市場のお店に行きます」と理由を
言えば問題無く入場できるハズです。

正門から入って右手にコンビニがあり、
更に奥側にある関連棟の中に、
何店舗かの食事処があります。
この建物で保育園が目印です。

IMAG2338

関連棟の中には、色々なお店が
立ち並んでいます。
中には500円カットの理容院もあります

IMAG2359

IMAG2360

飲食店としては、色々食べられる食堂、
ラーメン屋、うどん屋、天丼屋、
甘味処、喫茶店などが
あります。

IMAG2345

IMAG2355

カープ愛の溢れる麺一さんの店内は
こんな感じです。
奥側の水槽のランチュウは、
やっぱり白い身体で頭の赤い
赤ヘルです。
一匹だけ金髪のエルドレットが
いますので見つけてみてください。

IMAG2346

店名からすると、基本的にはラーメン店の
ようですが、そのほかのメニューの方が
充実しています。
うっかり注文すると、ラーメンが付いた
定食になりますので、食べ過ぎが心配な方は
ラーメン無しの定食で注文しましょう。

これは名物のあなご丼。
あら汁が美味しいです。

IMAG0960

これはカキフライ定食で、
ラーメン無しの定食です。

IMAG2351

食事をした後に、棟内を
ブラブラすると買物もできます。

手軽に行けるお店としては、
お菓子屋さんがありますが、
品揃えが豊富でお得な商品も
あるので、お子様連れでも
楽しめます。

IMAG2358

私は隣接する草津港や井口港で釣りを
した後に利用することが多いですが、
早朝から空いている店舗もありますし、
安くて美味しい店もあるので、
おすすめです。

あと市場にあるコンビニは
イートインコーナーが広く、
コンセントがあるので、
時間調整などに最適です。

市場の食③

築地市場のパート2です。

築地市場ですが、
延長しているとは言っても
いずれは移転することになるでしょう。

場内では一般の買物客が利用できる
お店もたくさんあります。
今のうちに訪問して、
雰囲気を味わうのも良いですね。

IMAG0072

築地市場の場内で人気なのは
寿司ですが、大変な混雑です。
食べようと思ったら長時間並ぶか、
かなり時間をずらすことになります。
お店は早朝から空いているので、
早朝に行くのも良いでしょう。

また、場外であればお店も多いので、
時間を少しずらせば、
比較的、並ばずに寿司などを食べること
ができます。

場外であれば、
こんな感じの海鮮丼はあちこちで
食べることはできます。

IMAG0079

場外については、
築地市場の移転後も、
そのまま営業が続けられますので、
引き続き利用することができます。

IMAG0078

また、場内でも寿司以外のお店がたくさんあり、
その他、天ぷら、トンカツ、うなぎ、カレーライス、
ラーメン、洋食屋などのお店があります。
牛丼の吉野家さんの1号店もあります。

IMAG0101

IMAG0075

これは「あたまライス」で有名なお店のロースカツ定食ですね。
「あたま」とはカツ丼の上に乗っている具のことで、
カツ煮とライスのセットみたいなメニューです。

IMAG1713

これらの寿司以外のお店でも、
場内の雰囲気は味わえますし、
寿司店よりは並ばなくても済みます。
築地市場の移転に合わせて
閉店する店も多くあるそうなので、
お近くに行かれた際には、
今のうちに利用するのも
良さそうです。

市場の食②

前回は東京の築地市場でしたが、
今回は島根県浜田市の浜田漁港です。

IMAG1693-1

日本海の主要漁港と知られる浜田漁港ですが、
美味しい海産物を食べられる食事処でもあります。
浜田市に仕事に来た時の昼食は
ほとんど浜田漁港を訪れます。

何か所か食事処はありますが、
一番目立つのは「しまねお魚センター」です。
ここは浜田漁港に来ればすぐにわかると思います。
1階にも2階にも食事処があり、
海産物の買物も楽しめます。

2

なかなか気づきにくいのですが、
「しまねお魚センター」の向かい側にある
浜田公設水産物仲買売場にも食事処があります。

「しまねお魚センター」を背にすると
少し先にこのような建物が見えます。

3

1階は仲買売場ですが、

IMAG1723

2階にお店があります。

1

一見、お店が無いように見えますが、
外側の階段を上がるとお店があります。
廊下を見る限りでは学校のように見えます。
お店の中が見えませんが、勇気を持って
扉を開くと店内に入れます。

IMAG1729

ここは「のどぐろ炙り丼」が有名です。
その他には「海鮮丼」もあります。
写真は「海鮮丼」です。

IMAG1689

海産物のメニューとしては、
「刺身定食」「煮魚定食」「フライ定食」「焼き魚」があります。
うどんやカレー、親子丼のような海産物以外のメニューもあります。

IMAG1724

どこにでもある定番の魚の時もありますが、
地域ならではの普段、食べられないような
季節感のある魚も出てきます。
写真はエビフライのように見えますが、
「オキギス」の「フライ定食」です。
個人的にはオススメで「オキギス」のある時は
必ず「フライ定食」にしてしまいます。

IMAG2335

これは見た目は普通っぽい「フライ定食」ですね。
「バトウ」のフライだったと思います。

IMAG1851

これは「刺身定食」です。
魚の種類はその日その日で異なります。

IMAG1726

浜田市を訪れた時のお昼には、
浜田漁港まで足を延ばすことを
おすすめします。

市場の食①

2月に東京の築地市場に行ってきました。

昨年中には築地の中央市場(通称:場内)が、
豊洲へと移転することになっていましたが、
みなさんご承知の通り、延期になりました。
そのため、今でも大都会東京の胃袋を支えながら、
多くの外国人観光客が訪れる観光スポットとなっています。

IMAG1703

昨年訪問した時と、大きく変わった点としては、
建設中だった築地新市場「築地魚河岸」が
プレオープンしていました。

IMAG1701

新しい建物は多くのお客様でにぎわっており、
食のプロから一般の方、観光客の方まで、
気軽に立ち寄れる施設になっていました。

IMAG1692

また、築地市場の場外にある店舗では、
食べ歩きメニューが益々充実するとともに、
外国人観光客も以前よりも増加しているようで、
その対応も以前より充実しているようでした。

前回の訪問時にも、昔は大きなサイズしかなかった
「厚焼き玉子」が一串サイズで販売されるなど、
食べ歩きへの対応が進んでいましたが、
更に品揃えが充実しているようでした。

IMAG0087

玉子焼き専門店では「たまごプリン」のほか、
伊達巻を使ったスイーツも販売されており、
ホイップ クリームを乗せた伊達巻や、
チョコレート味の伊達巻が販売されていました。

IMAG1706

3

また、揚げかまぼこ専門店ではトウモロコシを
まぶして揚げた商品が人気となっていました。

1

その他、見た目の鮮やかな海鮮ちらし寿司や
いなり寿司、海鮮焼きも充実していました。

4

5

外国語表記についても、以前より進んでいる様子でした。
広島の宮島でも食べ歩きメニューが良く売れているとのことですが、
「せっかくの観光なので、少しずつ色々なものを食べてみたい!」
というニーズは高く、これらの取り組みは集客の参考になりそうです。

また、以前から、新鮮な魚介類や青果物が販売され、
鮮度感のある陳列をしている店舗が多くありましたが、
新しい商業施設である「築地魚河岸」がオープンし、
一般のお客様、外国人観光客が利用する機会が増え、
また、店舗同士の競争が厳しくなることもあるのか、
店舗の陳列がより洗練されているように見えました。

6

7

各店舗では海鮮丼や刺身、食べ歩きメニューもあり、
買いやすい量や価格の品揃えが充実してい ました。

その他、まぐろの解体ができるフィギュアなどもあり、
外国人観光客で賑わっていました。
プロ向けの店舗が一般客向けの店舗に 変わる中、
品揃えや陳列が模索されているようです。

9

プロ向けの飲食店従事者向けには
無添加ハムの加工についてのセミナーが開催されるなど、
売場や品揃えの向上にも取り組んでいるようです。

8

築地市場の弱点としては
「買い物する場所はあっても食べる場所が無い」
ということがありました。
実は以前から休憩スペースはあった のですが、
「場所がわかりにくい」「せまい」「あまり綺麗ではない」
という状況でした。

今回、「築地魚河岸」のオープンに伴い、
休憩スペースが整備され、食べ歩きメニューや
テイクアウトメニューをゆっくりとくつろいで
食べることができるようになりました。

12

また、数は少ない(テイクアウトメニューを
邪魔しないため?)ですが食堂も整備され、
利便性は大きく向上したと言えるでしょう。

10

築地市場もですが、多くの観光地やイベントでは、
食べ歩きメニューがあっても食べる場が無い
という状況が多く見られ、「立ったまま 食べる」
「道端に座って食べる」ような状況が多くあります。
商品の提供とともに「楽しむスペース」の充実も
必要だと感じました。

久しぶりに訪れた築地市場ですが、
昨年からの大きな変更点として、
「食べ歩きメニューの充実」
「視覚に訴求する陳列」
「休憩スペースの充実」
の3点がありました。

それにもう一つ加えるとすれば
「外国語対応の充実」
が挙げられるでしょう。

これらの取り組みは、外国人観光客が増えつつある
他の観光地でも既に取り組まれていることだとは
思いますが、オリンピックを控える東京にある
築地市場はその最先端の場所だと言えます。

民間企業でも参考になる点があると思いますので、
また機会があれば訪れてみたいと思います。

バンコクのオススメ商品

3月にタイのバンコクに行ってきましたが、
色々とお土産などを購入しました。

定番物のお土産もありますが、
個人的にオススメだったのは、
トムヤムクン味のスナックです。

IMAG2333

色々と種類がありましたが、
写真の商品はちょっと高めだったと記憶しています。
(とは言っても日本円では安いです)

味はトムヤムクンそのもので、
色々と種類があるのでしばらく楽しめます。

サイズも小さくてかさ張りませんし、
見た目もなんとなく「それっぽい」ので、
友人や家族へのお土産に、
職場での配りものに、
お酒のおつまみに、
用途は色々とありそうです。

日本で販売しても売れそうですね。