椅子取りゲームで考えるマーケティング⑥

椅子取りゲームで考えるマーケティング」の6回目になります。

幼稚園時代の私が椅子取りゲームに勝つために考えた三つのパターンを使ってマーケティングの説明をしてきました。

前回は、一つ目のパターン「椅子に如何に近づくかを考える」をマーケティングに置き換えれば「ターゲットを明確にする」になると言う話をしました。

今回は、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」になりますが、これはもちろん、マーケティングに置き換えれば「ライバルを見定める」ということになります。

どんなに椅子(ターゲット)に座りたいと考えても、必ずライバルがいるので、簡単には座ることはできません

座りたい椅子(ターゲット)を明確にした後には、その椅子(ターゲット)に座りたいと思っているライバルを見定め、そのライバルの力量を把握します。そのためは調査等も必要になるでしょう。

ライバルを見定めた上で、「そのライバルに勝てるか?」を考え、もし、どうしても勝てないようであれば他の椅子(ターゲット)を探し、ライバルと比較した上で優位に立てる椅子(ターゲット)を確保できるポジションを見つけ出す必要があります。

マーケティングであれば、ライバルなどの競合店調査を行い、ライバルが取り込めていない客層などを見つけ出し、そこを自店のターゲットにするような戦略を考えるような流れになります。実際には様々なケースバイケースがありますが、概ねこのような感じになるでしょう。

ここまで考えると「椅子取りゲーム」でも勝つ確率は高くなりますし、商売でも様々な戦略を考えることができ、ライバルに勝つ確率も高くなるでしょう。

そこから更に勝つ確率を高くする方法は?・・・それが、次回、説明する三つ目のパターンになります。

 

令和3年5月6日

椅子取りゲームで考えるマーケティング⑤

「椅子取りゲームで考えるマーケティング」の5回目になります。

幼稚園時代の私が椅子取りゲームに勝つために考えた一つ目のパターン「椅子に如何に近づくかを考える」、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」、三つ目のパターン「場を支配する人の動きに注意する」ついて説明してきましたが、今回からはそれをベースとしてマーケティングの説明をしていきます。

まず、一つ目のパターン「椅子に如何に近づくかを考える」ですが、これはもちろん、マーケティングに置き換えれば「ターゲットを明確にする」になります。

マーケティングを語る時には必ず「ターゲット」がテーマになります。誰がマーケティングの話をしても「ターゲット」が出てこないことは無いでしょう。

実際に商品やサービスを購入してお金を払うのはお客様ですから、「お客様が誰なのか?」「誰をお客様に設定するのか?」ということはとても大切です。

ちなみに、実際に研修などで「椅子取りゲーム」に勝つ方法について考えていただくと、多くの場合、「いちばん近くの椅子を見定める」「できるだけ椅子に近い場所を確保する」のように、「椅子に如何に近づくかを考える」のパターンが最初に出てきます。

つまり、「誰でも最初に思いつく作戦」になるので、これだけで椅子取りゲームに勝つのは難しいですし、実際の商売で考えても「これだけで商売を成功させることは難しい」と言っても差し支えないと思います。

次回は、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」について説明します。

 

令和3年5月5日

椅子取りゲームで考えるマーケティング④

「椅子取りゲームで考えるマーケティング」の4回目になります。

幼稚園時代の私が椅子取りゲームに勝つために別のパターンを考えています。

まず、一つ目のパターンとして「椅子に如何に近づくかを考える」パターンを思いつきました。

次に、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」パターンを思いつきました。

これらの手法を使うことで、それなりに効果は出たのですが、「誰でも思いつく」ので直ぐに通用しなくなってしまいました。そのため、幼稚園時代の私は別のパターンを考えることにしました。

前回は、そこから「椅子取りゲームに勝つ新たな方法」をどのように考えるでしょうか?というところで終了しました。みなさんは、どのような方法を考えるでしょうか?

幼稚園時代の私は気づきました。椅子取りゲームは、「必ず先生が合図を送ること」に。

椅子取りゲームは、普通、音楽を流し、その音楽流れている間は並べている椅子の周囲を回ります。音楽が突然終了する、もしくは笛での合図とともに椅子を奪い取ることになります。

それらの合図の前には「必ず先生が動作を起こす」ことになります。つまり、先生の手元や口元を見ておけば、「他のプレイヤーよりも早く椅子を奪う行動を起こす」ことができるようになります。

この手法を用いることで、幼稚園児だった私は「椅子取りゲーム」でかなり勝てるようになりました。

今まで説明してきた一つ目のパターン「椅子に如何に近づくかを考える」、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」に続き、三つ目のパターン「場を支配する人の動きに注意する」を見つけ出すことができました。

椅子取りゲームをする人がいれば、ぜひ、この手法を用いていただきたいのですが、大人になるとそのような機会はありませんし、そもそも話の目的は「マーケティング」で「椅子取りゲーム」は例え話でした。

次回は、今回の話をベースとしてマーケティングの説明をしていきます。

令和3年5月4日

椅子取りゲームで考えるマーケティング③

「椅子取りゲームで考えるマーケティング」の3回目になります。

前回の最後に、幼稚園時代の私が「椅子取りゲームに勝つために別のパターンを考えた」ことについて書きましたが、さて、どのようなパターンを考え出したのでしょうか?

前回、説明した一つ目のパターン「椅子に如何に近づくかを考える」、二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」は、それなりに効果は出るのですが、「誰でも思いつく」ので直ぐに通用しなくなってしまいます。そのため、幼稚園時代の私は別のパターンを考えることにしました。

新たに考えた、最初の別のパターンとしては「自分より足の遅い子の近くの場所を確保する」があります。私は背が低く足も遅かったのですが、自分より小さくて足が遅い子もいましたし、自分より大きくても足が遅い子もいます。普段のかけっこや鬼ごっこで「足の速い人」「足の遅い人」を把握しておき、椅子取りゲームの時には「自分より足の遅い子の隣のポジションを確保」すれば、競争に勝って椅子を確保する可能性が高くなりました。

このパターンは新しいようですが、前回説明した二つ目のパターン「如何にライバルとの競争に勝つかを考える」に含まれる内容になります。「戦う相手を絞り込んで、優位なポジションで戦う方法」と言い換えても良いでしょうか。

しかし、この方法もしばらくするとバレてしまい、「私より足に速い人が自分の近くに寄ってくる」という事態に陥ってしまいました。そのため、別の方法を考え、それを見つけだすことができました。

みなさんなら、「椅子取りゲームに勝つ新たな方法」をどのように考えるでしょうか?

令和3年5月3日

椅子取りゲームで考えるマーケティング②

「椅子取りゲームで考えるマーケティング」の2回目になります。

前回の質問になりますが、「椅子取りゲームに勝つ方法」について、みなさんはをどのように考えるでしょうか?

実は回答についてはいくつかのパターンがあります。

まず、一つ目は「常に一番近い椅子を意識する」「椅子が近くの時はゆっくり歩く」など、「椅子に如何に近づくか?」というパターンになります。椅子取りゲームは音楽に合わせて並べられた椅子の周りをぐるぐる回るので、必ず「椅子の近いポジション」「椅子の遠いポジション」が生じます。そのため、「できるだけ椅子の近くに・・・」と考えることになります。このパターンは、大抵、最初に出てくる意見になります。

次の二つ目のパターンは「隣の人を押しのける」「他の人を邪魔にする」など、「如何にライバルとの競争に勝つか」というパターンになります。椅子の数より回っている人の数の方が多いわけですから、近くの人との競争に勝てば椅子に座れる確率は高くなります。

その他、「足が速くなるように練習する」「人を押しのけれるようにトレーニングして力をつける」のように努力型のパターンや、「何人かを買収する」といったズルいパターンなどもあります。

みなさんはどのようなパターンを考えたでしょうか?

ちなみに、一つ目、二つ目のパターンは効果的なのですが、「誰でも思いつく」ので直ぐに通用しなくなってしまいます。そのため、幼稚園時代の私は別のパターンを考え出すことで、少しだけ椅子取りゲームが強くなりました。

さて、どのようなパターンを考え出したのでしょうか?

令和3年5月2日

椅子取りゲームで考えるマーケティング①

私はマーケティングの研修を行う際に、椅子取りゲームの話をすることがあります。他にもパターンはいくつかあるのですが、比較的、説明が簡単で、理解もしていただきやすいようです。

広辞苑で椅子取りゲームを調べてみると「人数よりも少ない数の椅子を多数の人が取り合うゲーム。並べた椅子の周囲を多くの人が回り、合図で一斉に座る時、席のなかった人が抜ける。順次椅子を減らして行き最後に残った人を勝ちとする。」と記載してあります。皆様の認識とあっていますでしょうか?時々、フルーツバスケットなどと勘違いする方もいらっしゃいますし、大人にとってはかなり過去に経験したゲームになるので思い出すのに時間が掛かるかも知れません。

私は幼稚園の頃、背が低かった(今もですが・・・)こともあり、椅子取りゲームが苦手でした。しかし、椅子取りゲームは「席のなかった人が抜けるゲーム」ですから、早く負けてしまうと面白くありません。そのため、なんとかして生き残る方法を考えました。

みなさんなら、「椅子取りゲームに勝つ方法」をどのように考えるでしょうか?

一応、椅子取りゲームでマーケティングを考えていくのですが、ここではマーケティングは忘れて童心に帰り、幼稚園の頃を思い出して「椅子取りゲームの禍勝ち方」を考えてみましょう。

何回かに分けて説明をしていきますので、順番に読んでいただけたらと思います。

令和3年5月1日

参考文献や引用について

先日、仕事先の方から「渡貫さんの書いた文書が論文の参考文献になってますよ!」と教えていただきました。

心当たりはないのですが、ホームページを検索してみると、京都大学アフリカ地域研究資料センターの研究会活動「環境地理学研究会」が発行する学術雑誌「アクメーネ研究」Vol.3に掲載されている論文、「グローバル化における伝統食品産業の動向―広島県府中味噌の事例―」に、私が書いた文章を参考文献として使用した旨の内容が書いてありました。興味があれば下記のリンク先を読んで見てください。

アクメーネ研究」Vol.3「グローバル化における伝統食品産業の動向―広島県府中味噌の事例―」

立派な論文の参考文献に活用いただいて、大変名誉なことなのですが、この機会に参考文献について調べてみました。

参考文献や引用については、著作権に関わるテーマとなります。他人が作成した著作物を引用する場合、著作権を持っている人の許可が必要になります。ただし、著作権法第32条では、引用が可能になる条件が記載されています。

【著作権法第32条】
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」
(著作権法の条文からの引用)

つまり、目的上、正当な範囲内での引用は認められていることになります。

また、続けて著作権法第48条では下記のように記載されています。

【著作権法第48条】
「次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。」
(著作権法の条文からの引用)

と記載してあります。各号についての説明は省略しますが、引用した書籍などを明示する必要はあるようです。

私の文章が参考文献にされた際のものを見ると、「渡貫 久 2008.日本の伝統食材を世界の舞台へー府中味噌の挑戦.中小企業と組合63(6):12-14.」と記載してありました。順番から判断すると「著者」「出版年」「署名」「号数」「月度」「該当ページ」になるでしょうか。色々と調べてみると、参考文献を明示する際のルールもあるようです。興味のあるかたは「著作権法」を調べてみてください。

私は著作権などの法律の専門家ではありませんので、詳しくはありませんが、資料を作成する際に公表されている資料を参考にすることは多くあります。

今までも、参考文献は何を参考にしたのかを明示するように注意してきましたが、これからも注意しようと思います。みなさまも参考文献を使用する際は注意して取り組まれることをおすすめします。

令和3年4月30日

新型コロナウイルス終息後に外国人観光客はもどるのか?

先日、日本在住の中国出身の方とお話をする機会がありました。

「新型コロナウイルス後に外国人観光客は戻るのか?」というテーマで話をしていたのですが、その方の意見では「新型コロナウイルスが終息したら中国人観光客はたくさん日本を訪れるだろう」とのことでした。

新型コロナウイルスからいち早く立ち直りつつある中国では、増加する富裕層を中心に海外旅行への意欲は高まっていることは間違いありません。移動制限が無くなれば「海外旅行に行く」というのは間違いない出しょう。

そうなると行き先が問題になりますが、現在、中国と欧米とは軋轢が強くなっており、中国人サイドから見ると「欧米に旅行に行くのは怖い」という気持ちが強いだろうとのことでした。

その場合、日本と中国は色々と衝突はしているものの、地理的な強さ、文化的な繋がり、経済的な結びつきの強さなどもあり、深刻な状況にはなっていないと判断されているようです。

もちろん、実際にはどうなるかわかりませんし、個人差もあるとは思いますが、東アジアでは新型コロナウイルスの被害も比較的押さえられていますし、人的交流は早く復活する可能性は高いと思われます。

当面は日本国内での観光が復活することが望まれますが、その次の段階でワクチンの接種が進めば、東アジア圏内での観光の復活、といったように、段階的に観光が復活するような流れになると思われます。

今のうちから、それに備えて準備する必要があるでしょう。

令和3年4月29日

エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?

前回、今年の夏の天候の予想について書きましたが、そこで登場した「エルニーニョ現象」「ラニーニャ現象」について説明したいと思います。

エルニーニョ現象とは、太平洋の赤道域にある日付変更線付近から、南アメリカ大陸の沿岸部分にかけての海面水温が、平年より高くなることが続く現象になります。逆に、同じ海域の海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれます。

エルニーニョ現象やラニーニャ現象は、天候の異常に要因になると考えられており、日本の場合では、エルニーニョ現象が発生した時は「冷夏」「暖冬」になる傾向が高くなりますが、ラニーニャ現象の場合はその逆で「猛暑」「厳冬」になる傾向が高くなると言われています。また、ラニーニャ現象の場合は、夏には雨が多くなる傾向があり、冬には記録的な豪雪になることもあるそうです。

エルニーニョ現象が発生しているときには、南アメリカ大陸側から吹きこむ風が弱くなり、太平洋の西部から東部にかけて、広い範囲の海面水温が高くなるので、平常時より東側で積乱雲が発生します。この場合、海水温の観測海域である太平洋東部の海水温が高くなるわけです。

一方、ラニーニャ現象が生しているときは、南アメリカ大陸側から吹きこむ風が強くなり、海水温が高くなる場所が太平洋の西部に偏り、平常時より西側で積乱雲が発生します。この場合、海水温の観測海域である太平洋東部の海水温が低くなるわけです。尚、ラニーニャ現象の場合、海水温が高くなるのが太平洋の西部に限られるため、積乱雲は通常時より大きく発達する傾向が強くなります。

気象のことを勉強しても役に立つかどうかはわかりませんが、「今年はエルニーニョだから冷夏暖冬になりますよ」とアドバイスした時に、「そもそもエルニーニョってどういう状況なんですか?」と質問されないとは限らないので、少しは勉強しておいた方が良いかもしれません。もっと詳しい話を知りたいからは、気象庁のホームページなどで調べてみてください。

令和3年4月28日

令和3年夏の夏は猛暑?冷夏?どちらでしょうか?

4月に入り、気温がどんどん高くなってきました。ゴールデンウィークはかなり暑くなるのではないでしょうか?

さて、毎年、この時期には「今年の夏の気温はどうなるか?」の情報を集めて、対策の検討を行います。気温の暑さ、雨の多さや少なさは、小売業やサービス業を中心に客数の多寡に大きく影響しますし、当然、それは商品を供給するメーカーサイドにも影響してきます。はたして、今年の夏はどのような天候になるのでしょうか?

夏や冬の天候を予測する方法として「エルニーニョ現象」「ラニーニャ現象」を見て判断するというものがあります。

エルニーニョ現象が発生した時は「冷夏」「暖冬」になる傾向が高くなりますが、ラニーニャ現象の場合はその逆で「猛暑」「厳冬」になる傾向が高くなると言われています。また、ラニーニャ現象の場合は、夏には雨が多くなる傾向があり、冬には記録的な豪雪になることもあるそうです。

気象庁の4月9日現在の予測を見ると、2020年夏から始まったラニーニャ現象は弱まりつつあり、春の間に終息する可能性が高い(80%の確率)と予測しています。エルニーニョ現象になる確率も低いので、今年の夏についてはエルニーニョ現象でもラニーニャ現象でもない「平常」という予測(70%の確率)になっており、平年並みの気温になると予測しています。

ただし、「平年並み」といっても、夏の気温は昔よりも高くなっていますので、「暑い夏」になることは間違いないでしょう。「平年並みよりやや暑いくらい」と思っておけば良いと思います。詳しい内容は下記の気象庁のページをご確認ください。

「気象庁HP~エルニーニョ監視速報No.343(令和3年4月9日)」

また、夏場の降水量ですが、梅雨の時期の降水量は、気象庁の予測では「降水量は平年並か多い見込み」となっています。水不足にはならない感じでしょうか。

天候の変化は、小売業の売上や仕入れに大きく影響を与えます。エルニーニョ現象でもラニーニャ現象でもない「平常」という予測なっており、逆に判断が難しい面もありますが、天気予報に注意しながら、早め早めの準備に取り組み暑い夏を乗り越えましょう!

令和3年4月27日