メルカリの活用方法②

前回、手作り雑貨を販売するのに「メルカリ」を活用できるという説明をしましたが、今回はその続きになります。

メルカリで色々と検索していると「果物」が多く販売されていることに気づきます。

どれも価格が安く、買いやすいので魅力的だったりします。

実は果物は、等級による価格差が大きく、いわゆる「規格外」になると、ほとんど値段が付かないものも多くあります。

そのような商品は「道の駅」「産直市」で販売されるわけですが、どうやら、そのような商品が「メルカリ」にも流れてきているようです。

農家さんサイドからすれば、規格外で出荷価格が安価なため、配送コストを考えると販売が難しい商品であっても、「メルカリ」で一般ユーザーに販売すれば、もともと味などに問題無い商品ですから、送料込みとしても魅力的な商品になります。

これだけで商売にはならないと思いますが、処分するしかなかった規格外商品を「メルカリ」で販売することで、いくらかの収入にはなりますし、ロスは少なくなりますし、味を評価されたら正規品も売れるかもしれません。

果物のように、生産者の出荷価格と消費者の購入価格に大きく差がある商品については、「メルカリ」を活用することで色々とメリットのある取り組みができそうです。

令和3年7月31日

メルカリの活用方法①

前回、虫よけグッズの「おにやんまくん」について書きましたが、この「おにやんまくん」は入手困難で、Amazonなどで高額で販売されています。

私は釣具店で定価で購入することができましたが、ホームページを検索してみると「手作り」をしている方も多いようです。

実際、100均で材料を購入して手作りする方法を紹介しているページも多くあります。

そこで、思い出したのが「メルカリ」です。

メルカリなら販売しているだろう!と思って検索してみるとハンドメイドの「おにやんま系グッズ」が多く販売されていました。本物を持っている人間から見ても、写真で見る限りは遜色無いように見えました。

メルカリは、自宅にある「いらないもの」を販売することがメインのようですが、このような「手作りグッズ」を販売するのにも向いています。

実際に商売として「手作り雑貨を販売したい!」と思った際に、テストマーケティングとしても活用できますし、そのまま商売のひとつとしても使えそうです。

メルカリの活用方法も色々ありますので、実際に利用しながらアイデアを考えてみると良いでしょう。

令和3年7月30日

 

おにやんま型の虫よけグッズ

夏真っ盛りになり、野外で遊ぶ機会が増えています。

この4連休も廿日市市の吉和で過ごしていましたが、外でバーベキューをしたり、テーブルと椅子を持ち出して食事をしたりと、多くの時間を外で過ごしていました。

そうなると気になるのは「ハエ」「カ」「アブ」「ハチ」などの飛行昆虫です。

サンルームは床を張ったので虫が入ってこなくなり、快適になりましたが、外ではなかなか虫を防ぐことができません。虫よけスプレーも匂いが気になります。

そうした中、思い出したのがトンボの「おにやんま」の形をした虫よけです。

一時期、釣具店で発売されて大人気でしたが、飛行昆虫の天敵である「おにやんま」のリアルな装飾具を帽子などに付けて虫よけ効果を狙う商品です。

下の写真は私が持っている2種類のおにやんまグッズです。

IMG_20210731_004228

ふと思い出してインターネットで検索しましたが、どこも売り切れで、Amazonなどでは4~5倍の価格で販売されていました。

Amazonのコメントでは、なかなか評価が高いので効果はありそうです。

事実上、「おにやんまのおもちゃ」なわけですが、器用な方なら自作できると思います。

ちょっとしたアイデア商品ですが、規模の小さな会社であってもアイデア次第で売れる商品を開発できる好事例だと思います。

令和3年7月29日

 

小売店の商圏調査ではオフィスワーカーを知ることも重要!

小売店を営業する際には、売上の源泉となるお客様のボリュームを把握することが不可欠です。そのため、商圏(=お客様が来店する範囲)調査を行い、店舗周辺の居住者がどの程度存在しているのかを調べます。

しかし、お客様は店舗周辺に住んでいる人だけではないことがあるため、それだけでは不十分な場合もあります。

そのようなとき、商圏をより詳しく調べる方法として「経済センサス」を活用する方法があります。

経済センサスとは、日本国内全ての事業所及び企業を対象として、事業の種類や事業内容、従業者数、売上などを調査した、総務省統計局が公開している統計資料になります。

普段、見ることの無い資料ですし、初めはなかなか難しいかもしれませんが、具体的な活用方法について、国内利用率No.1の電子チラシサービスのShufoo!様で、コラムを執筆させていただいています。興味のある方はご覧いただけたらと思います。

Shufoo!コラム「小売店の商圏調査ではオフィスワーカーを知ることも重要!経済センサス」を活用して店舗運営に活かそう」

普段、目にすることのない経済センサスですが、日本全体の事業所の動向を知ることができるのはもちろん、自店の足元の事業所の動向を知ることができる、小売業者にとって有益な資料と言えます。サラリーマンやOLなど、オフィスワーカーをターゲットとしている店舗では特に有効なので、商圏調査やマーケティングの一環としてご活用ください。

令和3年7月28日

新規顧客を集客するには?

小売店や飲食店、美容室など、店舗を運営している店長・事業者であれば、誰しもが一度は頭を抱える集客。なかでも新規顧客の集客では、単に広告を打つだけではたいした効果につながらなかった、ということも少なくないでしょう。

新規顧客を獲得するには、
(1)直接働きかけを行い生活者に認知してもらう
(2)既存顧客から紹介してもらう
の2パターンが存在します。

「既存顧客から紹介してもらう」ためには、既存顧客の満足度を高めることが必要となりますが、「直接働きかけを行い生活者に認知してもらう」ためには、新規顧客の集客の効果を高める手法が必要となります。

店舗が新規顧客を集客する手法としては、従来のアナログ広告に加え、最近ではインターネットを活用した、デジタル広告や電子チラシといった集客方法が以前よりも注目を集めています。

これらの活用のポイントについての詳しい内容を国内利用率No.1の電子チラシサービスのShufoo!様で、コラムを執筆させていただいています。興味のある方はご覧いただけたらと思います。

Shufoo!コラム「新規顧客を集客する3つの方法~業種別店舗の集客方法も紹介」

新規顧客の集客は、やみくもに広告を打つだけではなかなか効果につながりません。業種や自店の特徴などを踏まえてターゲットを絞り、どのようにアプローチすると効果的であるか仮説を立て検証していく必要があります。

ポイントを押さえて、効果的な集客に取り組んでみましょう。

令和3年7月27日

顧客満足度アップを目指すには?

顧客満足度とは、顧客が商品、サービスを利用した結果、どの程度満足したかを数値化したものです。英語では「Customer Satisfaction」、省略して「CS」と呼ばれます。

日本の人口が減少する中、小売業界の競争はますます激しくなり、売上を維持することも難しい状況になっています。売上の源泉である顧客を維持し、新たな顧客を増やすためには、顧客満足度の向上が欠かせません。

店舗経営を考えるとき、お客様に来店していただくことがまず重要で、その結果が売上になるのですが、それだけでは安定した経営にはつながりません。お客様を次の来店につなげること、つまり「いかにリピートしてもらうか」が、店舗を安定して成長させるポイントになります。

顧客満足度を向上させるポイントについて、詳しい内容は、国内利用率No.1の電子チラシサービスのShufoo!様で。コラムを執筆させていただいているので、興味のある方はご覧いただけたらと思います。

Shufoo!コラム「顧客満足度アップで優良顧客を増やそう!満足度が低い要因や改善方法とは?」

顧客のニーズにお応えすることは顧客満足度の向上につながります。Shufoo!様のコラムでは、顧客満足度の調査方法や、顧客満足度を向上する方法をなどについて、事例を交えて解説させていただきました。

店舗を向上して成長させるには、常に新しいことに取り組み続ける必要があります。その手がかりとして「顧客満足度」を活用してみてはいかがでしょうか?

令和3年7月26日

O2Oマーケティングについて

最近、O2Oマーケティングという言葉を聞くことが増えています。

O2Oマーケティングとは、「Online to Offline」の略称で、直訳すると「オンラインからオフラインへ」という意味になります。

つまり、インターネットから実店舗へお客様を誘導して購買を促すためのマーケティング活動全般を示す言葉です。

これは活用するツールは違えど、根本的には、従来の「折り込みチラシから実店舗に誘導する」といった取り組みと同じものになります。

詳しい内容は、国内利用率No.1の電子チラシサービスのShufoo!様で。コラムを執筆させていただいているので、興味のある方はご覧いただけたらと思います。

Shufoo!コラム「O2Oマーケティングとは?具体的な手法と成功事例を紹介」

消費者が情報収集する媒体やメディアがインターネットにシフトにしたことに伴い、情報を発信する手法もシフトさせる取り組みなので、競合他社よりも対応が遅れると集客に大きな影響が出てきます。

Shufoo!様のコラムでは、O2Oマーケティングについて、その概要や成功ポイント取り組み事例を紹介させていただきました。

成功のポイントを押さえて、ご自身の店舗にあったO2Oマーケティングに取り組んでみしょう。

令和3年7月25日

河川での釣りの決まりごと

廿日市市の吉和ですが、以前、説明した通り、山口県や島根県と接する県境の町で、標高が高く涼しい気候なことが特徴でスキーや渓流釣りが楽しめる場所です。

この時期は「釣り」を楽しむ人が多く、吉和川では多くの釣人を見ることができます。

春から梅雨前まであれば「あまご」、夏になると「あゆ」が釣りの対象魚となります。

一般的に、漁協が管理している河川で釣りをする場合、遊漁券を購入する必要があります。

遊漁券には一日だけ使用できる「日券」と、年内の決められた期間に何回でも使用できる「年券」とがあります。

詳しくは、釣りをする河川の漁協に取り合わせましょう。

私は今まで「日券」しか購入したことはありませんが、来年の春、あまごの季節になったら年券を買いたいと思います。

比較的、自由に釣りが楽しめる海と異なり、河川での釣りには一定のルールがあります。ルールと自然を守って楽しみましょう。

令和3年7月24日

サンルームにフローリングを張ってみました!

最近、週末は廿日市市の吉和にある小さな山の家で過ごすことが多くなっています

この山の家にはサンルームがあるのですが、夏になると虫の攻撃が激しく、夜に仕事をするのが困難になります。

インターネットで簡易なフローリングタイプのカーペットが販売されていたので、自分で張ってみることにしました。

まず、ホームセンターで遮音シートを買ってきてサンルームの床に張りました。

IMG_20210722_202858

続けてフローリングタイプのカーペットを敷き詰めれば簡単に作業終了です。角の隙間を埋めるなどの仕上げは必要ですが、とりあえず、仕事には差し支えなさそうです。

IMG_20210722_202752

とりあえずのテーブルと椅子を置いてみましたが、なんとなく良い感じになりました。快適に仕事ができそうです。

IMG_20210722_123756

今はインターネットで色々なものが購入できるので、専門業者に依頼する前に、インターネットで検索してみると色々と面白いものが見つかるのでおススメです。

令和3年7月23日

今までに起こった大量絶滅回数は?

前回、生物の大量絶滅のひとつ、P-T境界事変について書きましたが、実は生物の大量絶滅は今まで5回起こっています。

実は、古生代や中生代、新生代といった「代」による時代区分は、生物の大量絶滅で前の時代に栄えた生物が大量絶滅して、新しい生物が栄えたことで区分されています。

ただし、古生代の期間には複数回の大量絶命があり、これが「カンブリア紀」「デボン紀」などの「紀」で分けられています。「代」よりも「紀」の方が、生物の種類が大きく変わっていないようなルールで区分されています。

中生代末に恐竜などの大型爬虫類が絶滅した結果、中生代には目立たない存在であった小型哺乳類が大型爬虫類の穴を埋めて、急速に多様化や大型化して栄えることになり、哺乳類の時代である新生代が幕を開けることになりました。

私は小売業出身ですが、小売業についても、最初に小さな商店が誕生し、それが集まって商店街が誕生し、その中から百貨店やスーパーマーケットが誕生し、更にはショッピングセンターやコンビニエンスストアーが誕生し、今ではインターネット通販が栄えるように時代が変化しています。

生物のような大量絶命にはなっていませんが、過去の小売業の業種や業態は新しいビジネスモデルにお客様を奪われるようなことが繰り返されてきました。

生物と小売業は一緒ではありませんが、時代の変化に対応していくものが生き残っていくという意味では同じ要素も多くあります。

大量絶滅を避けるためには、生物もビジネスも、現状に満足することなく、時代に適応していくことが重要であることは共通と言えるでしょう。

令和3年7月22日