小型のかまどを作りました

ゴールデンウィークの前から、かなり多忙になり、なかなか投稿できませんでしたが、月末になって少し仕事が落ち着いてきました。

ゴールデンウィーク中も仕事をすることになってしまいましたが、何日かは吉和の山小屋に出掛けていました。実は吉和から仕事に向かう日もありました。

そんなさなか、庭に小型のかまどを作ってみました。

dav

とりあえず、固定せずにブロックに耐火煉瓦を積んだだけですが、使えるようならセメントで固定しようと思います。

もともと、山小屋にはバーベキュー用のかまどがあるのですが、大きすぎでしまい、火を使うたびに大量の薪や炭が必要だったりして不便な面もありました。

特にピザ窯を置くにはサイズが合いませんでした。

dav

今回のかまどはピザ窯にピッタリのサイズにしましたし、たくさんの薪や炭を使わなくてもピザが焼けそうです。

実は、忙しくて試せていないので、後日、テストしてみたいと思います。

令和4年5月25日

スクモ塚古墳(島根県益田市)

このゴールデンウイークは吉和の山小屋で過ごしています。

途中、仕事で出かける日もありますが、吉和に戻って宿泊します。

ゴールデンウィークの前半は、友人家族の訪問を受けたり、渓流釣りに行ったり、バーベキューしたりと、のんびりと過ごしていますが、時間があったので島根県の益田市に出かけてきました。

ちょっと珍しいランチをしたりもしたのですが、古墳も見学してきました。

実は益田市は古墳がたくさんありまして、なかなか立派なものもあります。

dav

この「スクモ塚古墳」は町中に近いのですが、かなり立派です。

dav

今の季節はツツジも綺麗です。

古墳の上に登ると、日本毎まで見渡せます。

あまり知られていませんが、なかなかおススメのスポットです。

令和4年5月1日

山菜の季節になりました

例年、この時期は仕事は少ないのですが、今年はかなり多忙にしており、なかなか更新できない状況になっています。

昨年度、1年間、継続して投稿したのはなかなか大変だったと思い起こされます。

さて、ほぼ一週間ぶりですが、平日は仕事で忙しいので、またまた週末の吉和の話になります。

吉和も桜がほとんど散ってしまいましたが、代わりに山菜がどんどん出てきています。

この週末は「タラの芽」「コシアブラ」を採取して天ぷらにして食べましたが、なかなか美味しい春の味覚でした。

dav

赤い袴がついているのが「タラの芽」、緑色なのは「コシアブラ」ですね。

似ているのですが、色が少し違うのと、タラの木はトゲがあったり、コシアブラの木はツルツルしていたりと、いくつか見分ける方法はあります。

山を歩いていても、「タラの芽」については既に採取されているものが多いなど、なかなか競争が厳しかったりします。

その他、タケノコを焼いたり茹でたりして食べましたが、このタケノコは吉和ではなく、広島市内の実家の裏山で掘り出したものです。

dav

自宅で調理すると、スペース的に大変ですし、ゴミが出て大変ですが、吉和であればたき火で一度に茹でることができて便利です。

しばらくは山菜が楽しめそうですね。

令和4年4月24日

ピザ窯を買ってみました!

ふと思いつき、吉和でピザを焼いてみようと思い、インターネットでピザ窯を買ってみました。

dav

とりあえず、ピザ窯を焼き網の上に置いてみました。

キチンと焼けるかどうか試すため、とりあえず市販のチルドピザを買ってきました。

dav

ピザ窯にセットしてみました。それっぽいです。

dig

綺麗に焼きあがりました。生地がパリパリになってなかなか美味しいです。

今度は生地から作って、吉和の野菜などを乗せて焼いてみたいと思います。

このピザ窯、なかなか便利ですね。

令和4月6日

チューリップが咲きました!

以前、吉和の山小屋にチューリップの球根を植えたことを書きましたが、春になり、芽がでていました。

そして、この週末に出掛けて見ると花が咲いていました。

dav

花壇が綺麗になりました。

近くには水仙なども咲いています。

また、冬にすっかりと葉が無くなっていた庭木も新芽がたくさん出ています。

dav

これは桜だと思うのですが、やはり新芽がでています。

dav

庭全体が春らしくなってきています。

ただ、吉和の早朝はまだまだ寒いです。

令和4年4月11日

桜と鯉のぼり

週末、吉和に出掛けて見ると水仙、桜、モクレンが咲いており、春らしい景色になっていました。

また、川を見てみると、鯉のぼりが泳いでいました。

sdr

桜と鯉のぼりというのも、ちょっと珍しい気がします。

dav

吉和は高地で涼しいので、広島市内よりも桜が咲くのが少し遅くなります。

dig

鯉のぼり、近くで見ても中々立派です。写真撮影している人もいましたし、ちょっとした名物のようです。

この時期の吉和は、水仙がとてもきれいですし、訪れるのにおすすめです。

令和4年4月10日

ドジョウが3匹いました!

あまり正確には覚えていないのですが、子供が小学3~4年の頃、広島グリーンアリーナ周辺で開催された「島根ふるさとフェア」でドジョウを採ってきました。

それから、かれこれ6~7年が経ったと思いますが、まだ、何匹か生き残っているようです。中が見えないドロドロの池のような容器にいるので、正確には何匹いるのかは見えません。

そろそろドジョウの寿命のようですし、飼育している環境もあまり良いとは言えませんので、生態系に影響しない吉和にある人口の池に放流しようと思います。

必死に探してみると、ようやく3匹を見付けることができました。

dav

小さかったドジョウですが、ボチボチのサイズに育っていました。

これだけ長生きするのであれば、普通に飼うのには良さそうですね。

明日、池に放流しに行ってみたいと思います。

令和4年4月9日

吉和の水仙が増えてきました!

3月27日に、吉和で水仙が咲き始めました!と紹介しましたが、その後、どんどん花が咲いています。

前回と同じ場所を持て見ると、花が全体に広がっています。

dav

その他、主要な散歩道、畑などにたくさんの水仙が咲いています。

sdr

近くにある神社にも水仙が咲いていました。神社の鳥居がこんなに水仙に囲まれているのを見るのは初めてかも知れません。

これから、しばらくは花が増えていくと思いますので、吉和近隣に来られた方は、ぜひ、水仙を見に来ていただけたらと思います。

令和4年4月4日

渓流釣りで試してみたいこと

4月1日、吉和の解禁日に渓流釣りをしていて思ったことですが、ルアー釣りをしてみたいと思いました。

近所の方がルアーで30匹近く釣っていたこともありますが、エサを付ける時間や手間の掛からないルアー釣りは、エサ釣りに比べて圧倒的に有利です。

もちろん、釣れたらではありますが・・・

自分自身は、海でシーバス、タチウオ、メバル、アジなどをルアーで釣った経験はありますが、渓流での経験は無いので、初めから考えてもいませんでした。

海に比べてエリアが狭く、流れが急な渓流は技術的にも無理か・・・と思っていました。

ただ、4月1日に釣りをした場所は、流れが緩やかで淵のようになっていて、川幅もあり、底も深いので、海釣りの技術が使えそうです。

アマゴのサイズとしてはアジやメバルに近いので、メバル用のロッドとルアーを持参することにしました。

dav

これは、メバルのルアー釣りに使っているワームです。2種類のサイズを使ってみたいと思います。

dav

これは、トラウト用のルアーです。安価なものを購入してみました。スミスのニアキス4gです。

mde

これは、よくわからないルアーです。ラパラのジギングラップ4g。たぶん、上から底に落として泳がせて使うんだと思います。使ったことないのですが、タイミングが良ければ試してみたいと思います。

令和4年4月3日

渓流釣りの参入障壁

昨日、渓流釣りのことを書きましたが、漁業権のある河川で釣りをする時には遊漁券が必要になります。

dav

これは、今年、私が購入した年券になりますが、5か月間有効なものになります。

これ以外に、1日限り有効な遊漁券も販売されていますが、5回程度利用するならば年券の方が安くなります。

吉和に拠点を構えて初めて思ったのですが、今は確実に吉和に行くので軽い気持ちで年券を購入できますが、今までは「来るか来ないかわからない」ので、1日券を購入していました。

ただ、1日券の場合、まったく釣れない時のダメージが大きいと思います。特に、渓流魚は一般的には釣るのが難しいですし、色々な道具も必要になります。

そうなると「初心者の参入障壁がかなり高い」ことになり、新しく渓流釣りを始める人が少なくなるような気がします。

既に慣れている人はいまのままで良いと思うのですが、全くの初心者を増やしていくためには、「お試し遊漁券」だったり、「ファミリー遊漁券」であったり、なにか工夫が必要で無いかと思います。

渓流釣りをする人が減少し、河川を管理する漁協の経営が厳しくなっているような話を全国的に聞きますが、もっと初心者が参入しやすくなるような方法があるような気がします。

令和4年4月2日